40代からのダイエット【女性】

blog

この記事は40代の方にむけたダイエット記事です。「30代までは頑張ったら痩せることができたけど、40代からはどうすればいい?」に答えられたら嬉しいです。

「身体がだるい」「昔より痩せにくくなった」「肩こりや腰痛が気になる」

40代になるとダイエットを求めるのは難しいのでしょうか?いいえそんなことはありません。いくつになっても美しい体を求めることは可能です。

この記事では40代で痩せにくくなる理由と、40代からでも期待できるダイエット方法について解説します。なかなか痩せないとお悩みの方は、ここで悩みを解決しましょう!

40代からはなかなか痩せづらい?

30代と同じような生活を送っているのに、「40代になってからますます痩せにくくなってきた」「すぐに体重が増えてしまう」と感じている方は多くいます。

さらには責任や負担が大きくのしかかる世代なのだと、会員様とお話していて感じます。40代になってからの悩みは結婚や子育ての悩み、将来への不安、更年期、アンチエイジングなど様々ありますが、特に以下の3点が多いです。

40代の悩みTOP3

  • 肩こり、腰痛
  • 倦怠感、不安やイライラ
  • 不眠、眠りが浅い

40代に現れる体や心の変化

40代になると、20〜30代の頃より精神的な不調も増えるようになります。

それは、女性ホルモンの変化が関係しているようです。

女性ホルモン1つである「エストロゲン」の分泌が減少していくため、自立神経の不調や体調の崩れが起き始めます。

また更年期も、倦怠感や不安・イライラにつながってしまうのです。

女性ホルモンには脂肪を蓄積する作用がありますが、それと同時に「レプチン」という食欲と脂肪の増殖を抑えるホルモンを促す役割があります。つまり女性ホルモンの減少=レプチンの減少ということで、皮下脂肪がさらに増えやすくなってしまいます。

基礎代謝量の減少

年齢を重ねて痩せにくくなる原因の1つが基礎代謝量の減少です。

一般に加齢によって基礎代謝は減少していくと言われていますが、主な原因は筋肉量の減少です。

サルコペニアと言って加齢によって、筋肉の主な材料であるタンパク質が合成しづらくなることが筋肉量減少の要因となります。つまり運動をしていないと、自然と筋肉量が落ちて、基礎代謝が減少していくことになります。

40代の筋肉

私が数多くの方の治療やトレーニングを行って感じることは、40代からは筋肉量の減少が特に目立つということです。

サルコペニアによって、そもそも加齢で徐々に身体機能が低下していきます。特に40代からは筋肉量の減少は顕著に現れます。

そのため、運動をして筋肉量の増量、あるいは維持しないといけません。さらに脂肪の増殖を抑えるホルモン「レプチン」は運動によって増えると言われています。

40代にオススメの運動

先ほどお話した40代のお悩みTOP3を改善するためにも、オススメの運動をご紹介していきます。

股関節・胸郭のストレッチ

40代から筋肉量が著明に低下するというお話をしましたが、筋肉量の低下に加えて日々の不良姿勢や体の悪い使い方のせいで起こる特に多いお悩みが【肩こり・腰痛】です。

この肩こりや腰痛の原因となるのは、胸郭(肩甲骨周り)と股関節の硬さ・筋力低下です。

例えば胸郭が硬いということは、背中が丸まってしまい肩が内側に入ってしまう姿勢になります。この姿勢が長時間続くと、当然のように肩こり・腰痛になってしまいます。

また股関節が硬いと姿勢や骨盤の動きが悪くなり、腰への負担が増大します。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった疾患に悪化することも考えられます。

そのため、まずは股関節と胸郭の柔軟性を向上させることが最も重要だと言えます。実際にCOCO HACK FITNESSにダイエット目的で来られた方でも、そのような悩みの方はたくさんいらっしゃいます。私たちは個々(COCO)の状態に合わせて、ストレッチやトレーニング方法を指導させていただいております。

短時間で脂肪燃焼させるHIIT・サーキット

HIITとは「High-Intensity Interbval Training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)」の略で、高強度のインターバルトレーニングを指します。

20秒トレーニングし、10秒休む。これを1セット(30秒)とし、8セット(4分)以上行います。最大の特徴は、短時間で大きな脂肪燃焼効果が見込めることです。

またサーキットトレーニングとは、有酸素運動と筋トレを組み合わせたトレーニングです。HIITに比べると低強度で長時間の運動となります。

まずはフォームと固めるためのストレッチなどが必要

HIITやサーキットトレーニングを始める前に、まずは動ける体を作ることが必要となります。先ほどお話した股関節と胸郭のストレッチ・筋トレを行って、トレーニングの正しいフォームを獲得しないと関節や筋肉を傷めてしまうリスクが高まります。

COCO HACK FITNESSでは怪我をしないフォーム指導でダイエットやボディメイクのサポートを行なっていきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧